FC2ブログ
さやかの風俗なお仕事
私が体験した様々な風俗のお仕事。 女の子のホンネです(´・ω・`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼氏
ところで当時 私には彼氏がいた。

話は会社に勤めていた数ヶ月前にさかのぼる。

会社の同僚で江尻さんという、私より8歳年上の人がいた。
彼は施設の事務をしていて、渋谷の事務所にいる私とはたまに電話で事務連絡をする程度だった。

そして彼が会社を辞めるので、その送別会に呼ばれ電話番号を交換することになった。
その流れで付き合うことになったのだが、私が風俗をはじめたのは丁度彼と出会った頃だった。

プータローになった彼とは土・日に会い、平日は会社と風俗。
もちろん風俗をしている事は彼には内緒だった。
当然やめる気もない。

というより、別にバレたとしても どうってことはないと考えていた。
江尻さんの事は流れと寂しいから付き合っているだけで、そんなに好きかというと そうでもなかったから。

彼のことより風俗で働く事、自分が稼ぐ事の方が大事だった。

そしてクリスマスが来た。
店は忙しいのだが、彼氏にも付き合わなくてはならない。
24日に横浜でデート&お泊りした。
指輪を買ってもらってケーキを買ってホテルで二人で食べた。
私はそういうクリスマスを過ごすのは初めてだったので すごく楽しかった。

そして当然Hをする。
私は始めの時から「ゴムをつけて」と言っていて、彼も渋々了解していたのだが「ゴムだと感じないんだよね、生のがいいんだよね」と、多くの男性が言うようなセリフを常々言っていた。

その日はクリスマスということもあり、彼のやりたいように生でさせてあげた。

次の朝、なんだかアソコが痛い。
ちなみに彼氏のモノは特に大きくなく、やりすぎて痛いというのとは明らかに違う痛みだった。

おかしいな~と思いながら家に帰ったが、その日の夜にはズキズキしてきた。
次の朝、アソコが異様に痛痒く、腐ったヨーグルトのような膿が沢山出てきた。

江尻さんに病気をうつされた。

とにかく痒くていてもたってもいられないので、速攻年末でごった返している病院に向かうと、カンジタだった。

性病としては軽い方で、男性がカンジタを持っていても ちょっと痒い程度だが、女性に移ると激しい痛みと膿が出るらしい。

私はショックを受けたが、江尻さんを責める気にはならなかった。
自分が風俗嬢をしているものだから、彼氏が風俗に行って性病をうつされたからといって文句を言える筋合いでもない。

それに彼氏といるのに風俗がどうのこうのという、仕事に関わる話題を持ち出したくなかった。

次に会った時、私はそれとなく「そういえばこないだ痒いって言ってたことなんだけど~」

年末の上野公園は閑散としていて日差しもなく曇っていた。
「・・・というわけだから江尻さんにも病院に行ってほしいのね」
彼の反応は何か考えこんでいるようで、あまりショックを受けたようには見えなかった。

「そっか・・俺、これからゴムつけるよ」
「病院行ってね?」
「うん、行くから」

原因である彼が治してくれなければHできない。
ゴムをつけるといっても、とても不安だ。
あんな痛くて惨めな思いは二度とごめんだ。
私は薬を飲んで軟膏を塗って1週間ほどで完治した。
その間、当然風俗の仕事は休んでいた。
客にうつされるのなら仕事上ありえるが、素人の彼氏にうつされるとは・・情けなかった。

そして彼に聞いた。
「どうだった?」
「うーん、なんか医者は『こんなの誰でも持ってるから』みたいな大したことないって感じだったよ」
「・・・薬は?」
「薬くれなかったなぁ」

なんだ、このいい加減な態度は。
ホントに病院行ったのか?
自分は痛くも痒くもないから、別にどうでもってことかよ。
私はこの時、波が引くように気持ちが冷めた。

そして江尻さんの口から謝罪の言葉は一言もなかった。
普通、彼女に病気うつしたら「ごめんね」くらい言いませんか?

私はもう本当にこの男はどうでもいいな。という気になった。











スポンサーサイト
[PR]

テーマ:風俗嬢のおいしい話 - ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。